2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
定休日
17時閉店(観望会/問:三重県民の森)
17時00分閉店(S.A.C.)
2024年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
定休日
17時閉店(観望会/問:三重県民の森)
天体写真ギャラリー☆天体写真ギャラリー☆
ご自由に投稿してください

 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 天体望遠鏡 > 鏡筒 > 屈折式 > 103APO Askar
天体望遠鏡 > 鏡筒 > シャープスター > 103APO Askar

103APO Askar

  • 口径 103mm 焦点距離 700mm 口径比 F6.8 の ED アポクロマート鏡筒です。
    分割式鏡筒を採用し、取り付けるアクセサリーに応じた筒外焦点を得ることができます。鏡筒を分割すると、最大で 300mm(鏡筒後端から)の長大な筒外焦点が得られます。双眼装置などの長い光路長を必要とする機器の取り付け時に便利な構造です。また、専用 0.6xレデューサー(別売)

  • 取り付け時にも鏡筒を分割し、全長が短くなります。鏡筒を短縮しても光線がケラレないように、大型の 3.3“ラックアンドピニオン式デュアルスピードフォーカサーを標準装備しています。

  • 別売の専用補正レンズが 3 種類用意されています。いずれもイメージサークルはフルサイズに対応

    しており、420mm/560mm/700mm の 3 通りの焦点距離をもつアストログラフとしても活躍します。

  • ドローチューブ後端にはスムーズな360度視野回転装置が付いており、ドローチューブに刻まれた目盛に合わせて回すことで、正確な角度の回転を行うことができます。 伸縮式のフードは、ノブを回すだけで簡単に固定ができます。ノブは手袋をしていても操作しやすいように大型のものが使用されています。軽量で堅牢な鏡筒バンドは工具なしでも開閉ができるタイプです。また、ハンドル部分はファインダータイプの幅狭アリミゾとして利用でき、固定位置を調整できるネジを使ってあらゆるアクセサリーの取り付けが可能です。

  • 接眼部にはファインダータイプの幅狭アリミゾが 2つ搭載されており、ファインダーとガイドスコープといった異なるアクセサリーを同時に取り付けることができます。

  • 保管や運搬に便利なセミハードタイプのキャリーケースが付属しています。
     

    有効径 :103mm
    焦点距離 :700mm
    口径比 :F6.8
    レンズ構成 :3群3枚(うちEDレンズ1枚使用)
    筒外焦点位置 :鏡筒後端から約 200mm/50.8mm アダプター後端から約148mm
    鏡筒分割時筒外焦点位置 :鏡筒後端から約 300mm/50.8mm アダプター後端から約248mm
    全長 :約 600mm(フード収納時)/約 711mm(フード展開時)
    フード外径 :φ122mm

    質量:約 5.5kg(バンド・プレート込み)

製造元 : アスカ―
価格 : 191,400円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ